好きな音

こんにちは、スタッフのサヤカです

台風19号大変な被害でしたね
福岡でもあんなに離れてるのに風が強くて
直撃した地域を想像すると怖かったです
最近は自然災害も多いので
人命第一!で備えないといけないですね

さて前回、前々回のブログは
店長vsタクトくんの
テレキャスターデラックス論争でした!

これブログ上ではまだ冷静な感じでしたけど
実際お店ではなかなかの舌戦だったみたいです(笑)

理論的にタクトくんから責められ
最終的には店長潤兄の返す言葉は
「なに〜!好きやけんいいやろ〜!」

店長のこと知ってる方は想像つくと思います(笑)

とまあみなさんこだわりがあって
これのここが好き!やばい!って
それぞれ刺さるところが違うのが
楽器や音楽のいいところですよね

わたしはアコースティックギターが好きなんですが
GUITAR TRIBEにバイトで入らせていただいてから
色んな種類のヴィンテージアコギを触らせてもらって
自分がどんな音が好きなのか決まってきました

入ったばっかりのときにお店にあった
Gibsonの1965年J-50がどストライクで
見た目も音も最強でした

Gibsonらしいジャキって音もしっかりしつつ
乾いた切ない音がしてました
綺麗なアルペジオで聴きたい!みたいな、、、

これ伝わらないですよね
あー語彙力ーーー!!!

それからずっとGibsonのアコギが好きなんです

個体差も大きくて
小ぶりなB-25みたいな子でもめちゃくちゃ鳴ってたり
これはもっと育てていきたい!みたいな子もいたり
お店に入荷するたびに楽しいんですよね

どのアコギでも触れば触るほど
違うのはどうなんだろう?って取り憑かれます

漠然とした内容になってしまった、、、
もっとちゃんと愛を語れるように勉強します

そんなGibsonのアコギも何本かありますよー!
同じ年代で同じJ-45だけどサドルが違うものも

当たり前ですが全く音の印象が違います
柔らかい感じとTHE Gibson!って感じです
(ぼんやりしすぎか)

是非弾き比べてほしいです!
お店でお待ちしてますー!

アコースティックギターカテゴリの最新記事